水のトラブルが起きる場所と症例

水のトラブルが起きる場所と症例 生活空間をのぞくと、多くの水回りの設備があるはずです。どれも生活に欠かせない設備ですが、普段そういったことを意識して使うことはないため、使えることが当たり前に感じてしまいます。ところが、水のトラブルが起こり使えなくなったときには、その存在の大きさに気づくでしょう。
水のトラブルが発生したとき、普段とは違う光景が目の前に出てきます。唖然としてしまう瞬間ですし、どうしようと焦りますが、対処しなければいけません。黙って待っていても、直ることがないからです。
いざという時に助けてくれるのは、自分の持っている知識に他なりません。対処方法を知っていれば、焦る必要もなくなります。冷静に確実な対処をするためには、どんなことが起きる可能性があるのか知っておくことが大切です。

■毎日使うトイレの問題

水のトラブルは、水回りの設備ならどこでも起きる可能性があります。トイレなど毎日使う頻度の高い設備は、その分だけ起こりやすいと考えなければいけません。使用頻度が高くなると、その分だけ消耗が早くなり、ダメージも増えるからです。
トイレの場合には、詰まって流れないといったトラブルが多いです。専門業者に依頼するトラブルでトップに上がるほどの内容で、どこの家庭でもありえることです。
他には流す力が弱くなる場合もあります。タンク内の水がわずかに漏れ続けるなど、トラブルはいくらでも出てくる場所です。直さなければ、そのまま水道代が増えていき、経済的な打撃も受けます。あとですぐに直さなかったことを後悔するケースもありますから、トラブルが起きたら見つけた段階で早めの対処が重要です。

■キッチンのトラブル
使用頻度の高さで考えると、キッチンも水のトラブルが起きる可能性の高い場所です。給水管と排水管にも負担がかかりやすく、水漏れする場合が出てきます。蛇口の付け根から漏れてきたり、シンクの下に隠れている排水管でトラブルを起こすなど、トラブルの種類も多いです。修理するための知識も必要ですが、間違った方法を取らないことに注意しなければいけません。
キッチンはトイレほどではありませんが、使えないと生活に支障をきたします。ひとり暮らしで食事は作らないとしても、食器を洗うことができないのは不便です。キッチンは異常を発見しやすい場所でもあるため、それを見逃さないことが大切です。

■トラブルの予兆を見逃さない

水のトラブルは、いきなり起こるものはほとんどありません。何かしらの変化があり、放置することでトラブルに発展していきます。ただし、地震などによって配管がダメージを受けるなど、中には大きな力が加わり、ダメージを受けることでトラブルになる場合もあります。これらは回避することができないためトラブルが起こってからの対処が重要になります。
地中に配置されている配管であっても、水漏れが始まれば地面が濡れて乾かない状態になります。天気がいいのにいつまでも乾かなければ、何かおかしいと感じるはずです。その感覚が重要で、普段とは違う変化を感じ取ったら、見逃さないことが被害の拡大から守ってくれます。
おかしいと思ったら、専門業者に依頼して点検をすれば疑念は晴れるでしょう。

■まとめ
水のトラブルは、いつでも起きる可能性があります。どんなところで問題が起きるのか、知ることができれば、予期することも可能です。予期できれば点検も行えますし、素早く修理して被害を広げずに済みます。
被害が大きくなれば、それだけの経済的な損失にもつながるため、なるべく早く修理するのが一番です。まずは、設備ごとにどんなトラブルが考えられるのか知り、その対処法を学んでおくことが大切です。知識を持てばその分自分を守ってくれるからです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース